2月 05 2020

資産運用の経験があります。25才頃から証券会社の友人から株式を学び、そこからほぼ独学で資産運用しています。大手企業や新興企業の株式、ビットコイン、主に自社株式、確定拠出年金、保険での資産運用をしております。自社株式と確定拠出年金、保険はほとんどリスクの無い資産運用として活用し、大手の企業や新興企業の株式、ビットコインはリスクをとって運用していますが、損失が大きすぎると家族を養えなくなるので金額は少なめです。

一番の記憶に残っているのがソフトバンク株です。買い始めたのが26才の時でまだソフトバンクもイチ携帯会社であり、犬のCMが流行る少し前だったかと思います。買い始めてからiPhoneが日本に加速度的に流行り、そこから孫さんが事業家というより投資家として目立ち始めました。友人とコンタクトを取りながら何度か売買を繰り返して、最終的に全て売却するまでに300万円は利益があったと思います。売却した時期は、孫さんがソフトバンクビジョンファンドを作った当たりです。サウジアラムコの話やスタートアップへの投資を加速していた時で、企業としての魅力が無くなったからです。

もう一つの銘柄は、昨今メディアに取沙汰されているYahoo!ことZホールディンクスです。2年前ほどから保有しており、今回のLINEとの統合ニュースに驚き、株価が一定まで上昇したらすぐに売ろう、と思って注目していたのですが結局は株価が低迷してしまいました。ニュースバリューは文句なしだったのですが、薄々思っていた「中身のないただの統合」が投資家の落胆を招いたのだと思います。損切したかったので早々売却した結果20万円ほど損失を出してしまいました。

仮想通貨の投資経験があります。主にビットコインです。投資経験は決して長くないですが、これほど楽しい資産運用は無かったと思っています(これからもっと面白くなるかもしれませんが。)私が最初にビットコインを買ったのが「1BTC=8万円」の時です。一般市民の私からすると周りにやっている人は居なかったので早い方ではあったと思います。

そこから信じられないぐらい登り竜のように価格が上昇していきます。あれはほんとワクワクしました。「1BTC=8万円」と言いましたが、私は40万円だして5BTC保有していました。(ビットコインは不透明でビビッていたので大きく買えませんでした…)それがニュースでも話題になりましたが「1BTC=200万円」まで跳ね上がりました。

コツコツ3.jpg

私はその前の「1BTC=190万円」の時に5BTCを売却しました。そうです。40万円が950万円に化けたのです。信じられませんでした。23倍、2,375%の伸びです。もうピークかと思ったので再投資する気にはならず、夫に車を買ってあげて自分にもご褒美をあげました。(夫には言ってなかったのでサプライズで言った時の目を丸くしていたのが忘れられません。)

いま興味のある資産運用は日本のスタートアップ企業への投資です。儲けや損の大きさとかではなく、純粋に日本の産業が活性化してほしいという願いがあるからです。自らで事業を行う才覚は無い私ですが、良い企業を見極める目には自信があります。(失敗を多く経験してきたので…)

今の世界の状況を見ても様々な業界で大きく変革が起きる非常に面白い時代なのではないかと思います。AIやIOT、量子コンピュータ、決済サービス、IPS・ES細胞、宇宙工学、モビリティ、空飛ぶ車、昆虫食、人工肉、農業など、新しいサービスや革新的技術がどんどん出てきております。どの分野、業界でも変革は必然的に起きる要素は充分あります。

しかしその変革を起こすのは外資企業かもしれません。日本経済を日本企業で活性化してほしいという願いを込めて微々たるものですが投資をしていきたいと思っています。ただし、儲けを出さなければ長期的な投資はできないので、日々勉強して目を養い、一定の儲けを出して貢献していきたいと思います。