2月 10 2020

資産運用は独身時代からやっています。母を中心に家族で株投資をしていた人が多かったことから、社会人になってから株投資をはじめ、投資信託や外貨預金にも挑戦。比較的いろいろな方法で投資方法を取り入れています。ただし、FXについては自分のスタイルに合わなかったので、やってみたものの早々に手を引き、外貨預金をすることで長期保有でプラスを出す方法に切り替えるなど、自分のスタイルにあった方法で投資をするようにしています。

株取引のデビューは社会人の頃でした。ちょうど、大学時代に塾講師、家庭教師、夏はプールの監視員などで稼いだアルバイト代で100万円を突破したので、そのあとに株取引をしてみようと思いました。当時は電力株で配当金を受け取るのが主流でしたが、関東大震災で電力株の配当金が下がったりして損も経験。また、ライブドア株で大きな損をしたこともありました。

当時から保有しているのはイオン株。イオンで食料品を買って割引キャッシュバックがあるほか、イオンラウンジでのお茶は独身時代にも活躍。家族と一緒に行きました。今では株主優待株を中心に長期保有をして、毎年、たくさんの企業から優待や配当金を受け取っています。

FXはポイントサイト経由で口座を開き、やってみたもののポイントサイトでついたポイントの軍資金も減りそうだったので、私自身には合わない投資スタイルと思って外貨預金に移行。金利が高いので長く保有して円預金よりもお得と納得して預けています。

コツコツ4.jpg

仮想通貨は完全に乗り遅れました。芸能人が仮想通貨の話題を出して、テレビでブームになってから知ったので、「ここで投資をしても高値掴みになる」と判断して投資はやめておきました。それが正解だったようで、テレビでブームの後、価値が下がったことを知りました。何事もブームが来たときには高値になってしまっているので、やめておくべきです。今はいいのかもしれませんが、余裕資金もないです。

外貨預金でリスクのあるブラジルレアル、中国元などにも投資しているので、それがFXや仮想通貨の代わりだと勝手に解釈し、リスクが低い投資、リスクが高い投資、どちらもやっていると考えています。仮想通貨についての知識はあるものの、過去にライブドア株で損をしたことも勉強だと考えていて、まだリスクが高く、仮想通貨に挑戦するのは控えています。今後、ポイントサイトで高いポイントがつくなら、ポイント分を元手にしてやってみることもあるかもしれません。

株式投資をしていて一時、挑戦していた海外の株式にも挑戦してみようかと思っています。外資系の企業でも日本に製品が入ってきていて、日本でも有名な企業が多いです。海外株も、日本株を扱うネット証券会社で買えると聞いて少し前に買っていました。1万円から2万円程度の株で、高配当と言われていたものの、1万円から2万円だと配当金もガツっともらえないので途中でやめてしまいました。ただ、ドルコスト平均法からいくと、月々決まった金額を積み立てのようにして外国株を買う方法もアリなのかと考えているところです。

PayPayは利用していて、楽天Edyや楽天ペイ、waonといった電子マネーでのポイント還元は既に利用しています。キャンペーン情報などはこまめにチェックして、店によって種類を変えて利用しています。毎日の買い物で現金を使用しないので学校の集金などは小銭を準備しなくてはならなくなり、不便です。

iDeCoは中途解約ができないこともありやめています。ロボアドバイザーも挑戦してみましたが、自分で好きなタイミングに投資したかったのでやめました。自分なりの投資スタイルができてきているので、合うものは取り入れて、合わないものはやめておくのがストレスなくいいのではないかと思っています。