2月 03 2020

20年近く、細く長く資産を運用しています。時代に応じて儲けやすい運用、リスクの高い運用が段々と変わってきているので、そういった時代の変化に応じて、自分に合ったものを探しながら、試行錯誤しています。昔の郵便局の1000円1口定期、ネット銀行の金利がメガバンクに比べて高かったこと等が試した一例です。

分散投資に心がけ、一点買いで一発勝負しなかったお陰で、大きな儲けはできませんでしたが、FXで奥さんが旦那さんに隠れて投資し、数1000万円の損失を出したということには陥らずに続けられています。

コツコツ2.jpg

証券会社が自己破産した時代に資産運用を始め、最初に取り組んだのが株式投資でした。証券会社自体が自己破産する、まだ、ネット証券は出始めたところだったので、安全を考え、大手の有名な証券会社でのインターネット取引を行ないました。今、考えると、当然ですが、ネット証券に比べて、売買取引の手数料は高めでした。ネット証券に変更するのも非常に面倒なので、同一の証券会社を利用しています。基本は単位株単位での売買が基本です。

プチ株などは、少額から始められますが、自分に自由に売り買いできないので、単位株単位で売買しています。銘柄は自動車メーカーや株主優待で良い物(コモ社等)です。今保有していて優良株はイオンです。株主優待のオーナーズカードが非常に良いです。

投資信託もやりましたが、利益は少なかったです。利益薄の原因は、分配金のある投資信託を狙っていたことです。分配金を投資者に渡すために、投資運用の軍師金が少なくなることも勉強になりました。REIT関係の投資信託もうまくいきませんでした。投資信託は過去の経験を見直して、再度、取り組み中です。FX、外貨預金もやりましたが利益は少なかったです。

仮想通貨の暗号方式はよく知っていますが、セキュリティ上の問題点が多かったので、まだ、未経験です。IT関係のエンジニアをやっていた関係で、この辺は慎重になってしまいます。記事やニュース等、また、書籍なども読んで、そろそろ仮想通貨自体も色々と成熟化してきて、落ち着いてきたかなと感じていました。

しかし、Facebookが仮想通貨に乗り出すと言っていたのが、延期になったこともあって、また、まだ少しは様子見状態が良さそうだと判断しています。Tポイントや他のポイントの様にポイントを貯める程度であればやっても良いと思いますが、それでは利益はほとんど出ないでしょう。やるならば、最低20万円程度は試してみたいと思っているので、それだけの金額を仮想通貨に投資目的で投資するのはまだ不安が残るのが正直なところです。

仮想通貨の暗号は安心できる、セキュリティは向上してきていることは理解しています。なぜ、仮想通貨が儲かるのか、投資対象になるのかが自分ではまだ理解できていないことも、投資に踏み切れない要因の一つです。

これまでの投資経験(ネット銀行を含めた定期預金、株式投資、投資信託、外貨預金(ドル、ユーロ)、FX)と今のネット銀行であっても金利の低さから考えると、一般的な知識程度で資産運用する上で、利益の上げやすい、リスクの低いものの優先順位はiDeCo>優良株の配当金狙いでの長期株式保有>数年単位保有での投資信託>ネット銀行の順位で運用しておくことが有効と感じています。

今後のために、ウオッチをしておくべきは仮想通貨、投資信託内での銘柄・投資先、iDeCo内での投資・運用先だと思っていますので、この様なことには興味を持って、調べています。投資信託については分配金なしでの運用の商品で、商品内での投資先がどこで、どれだけ分散されているのかという点についても注目してみています。これまで頼りにしていたネット銀行の金利が下がり出して、数年経過してきているので、運用するか否かを含めて、FX、仮想通貨、電子マネーのメリット・デメリットは興味があるので、記事は読むようにしています。